« 我が愛機BOSEウエストボロー | トップページ | 涙の源泉(A Time For Love) »

2005年9月 5日 (月)

水脈

suimyaku

逆らえぬ感情には従うがいい

それが束の間のものであろうとも

手をとらずにいられぬときには手をとり

目の前のひとの目の中に覗くがいい

哀しみと呼ぶことで一層深まるひとつの謎

生れ落ちてからこのかたの日々のしこり

そのひとしか憶えていない黄昏の一刻の

闇に溶けこむ暗がりにうつるあなた自身を

一人がひとりでしかありえぬとしても

私たちの間にはふるえる網が張りめぐらされていて

魂はとらわれてもがく哀れな蝶

だからときとしてみつめあうしかないのだが

どんな行動も封じられているその瞬間に

かえって私たちは自由ではないのか

慰めの言葉ひとつ浮かんでこないからこそ

心はもっと深い水脈へと流れこみ

いつか見知らぬ野に開く花の色に染まって

大気のぬくもりと溶けあうだろう



(全文引用:谷川俊太郎『水脈』/詩集『手紙』より)

**************************************************

あの日 あなたは淡い紫のシャツを着てた

フロントグラスを 秋の最初の雨が濡らし

降り立った山間の道の 谷底の下では

静かに水の音がしていた

taifu

また台風が来ています。

東京も今日は朝から雨です。

台風が来る毎に、雨が降る毎に、夏がフェイドアウトしてゆく。

ここ数日の、急激な日の暮れの早さ。

音楽のない部屋の下を、車が雨の音をさせて、通り過ぎて

いきます。

今日はこの時期、私にとっては思い出深い、谷川俊太郎の

詩の一篇を。

|

« 我が愛機BOSEウエストボロー | トップページ | 涙の源泉(A Time For Love) »

日常のなかの詩/詩のある日常」カテゴリの記事

コメント

甲府も雨です。
雨の中、野暮用で銀行に行ってきました。
渋滞に合わせてのんびり運転しながら、
ハリケーンで苦しんでいる人たちのことを
思いました。

投稿: school-t | 2005年9月 5日 (月) 09:24

school さん、おはようございます。
私もこれから野暮用で雨のなか銀行です。
あの映像はショッキングでしたね。
あれほどまでじゃないにしても、日本各地でも災害の報道を
多く見たこの頃でした。
いまちょうど父から電話があって、昨日の夕方、駅に着くと、
近くの妙正寺川が増水して溢れ、膝下くらいまで水が来るよう
だった、と言い、コンクリートで川の護岸工事をする以前だったら
まだしも、こんなことは初めてだと言っていました。
地球レベルのカタストロフが近づいているんでしょうか。
とても他人事とは思えません。
私も早く、作りかけの防災袋を完成させないと。

投稿: soukichi | 2005年9月 5日 (月) 10:11

「逆らえぬ感情には従うがいい」

これはいきなり響いてくる一節。

逆らえぬ感情と格闘することは、
途方もない、底なし沼に足を取られて
もがくようなもの。

逆らわずにいれば、ふときづくと
解き放たれていたりするもの。

投稿: soy | 2005年9月 5日 (月) 12:54

そうね。この一行で心をつかまれてしまいますね。
すごく好きな詩なんです。
この詩は人によって自分の心のあり方がよく見えると思う。
人によってそれぞれ心の中の優先順位は違うから。
感情か理性か、個人の愛か社会性か、情熱かモラルか。
どっちに偏りすぎても片端(かたわ)になる。
もともと『逆らえぬ感情』、なんて滅多に起こらない。
その滅多にない感情が起こったこと自体を特別なこととして大事に
するのか、あるいは、いっときの感情だとやり過ごすのか。
谷川俊太郎という人は、逆らえぬ感情に従って生きてきた人です。
何がまっとうか、ということを論じたら難しくなるから置いておくけど、詩人なんて社会的に見たら、おおかたまっとうじゃないんじゃないかと思います。

投稿: soukichi | 2005年9月 5日 (月) 13:56

学生時代には太宰 治の小説や石川啄木、社会人になって司馬遼太郎の小説などよく読み耽りました。最近は時間が無いことを理由に全くといって良いほど読んでいません。たまには落ち着いて読書なども~~とふと感じました。
画像をクリックすると大変大きくなりました。今日初めて気づきました。昨日のバラの花を改めて拝見しましたがきれいに撮れてましたね!

投稿: うー | 2005年9月 5日 (月) 19:46

うーさん、どうもありがとう。
私も昔にくらべたら、全然本を読まなくなりました。
今は昔の溜めでやってる感じ。
ときどき思い出したように昔読んだものをいま改めて読むと、やっぱり歳をとった分、ずいぶん感じ方が変わったのに気ずきます。昔の青くて潔癖だった自分、いまの深くて複雑になった分、鷹揚でもある、
キャパの広がった自分。
そんな意味でもまた本を読むのはいいかもね。
秋の夜長にぜひ。

投稿: soukichi | 2005年9月 5日 (月) 22:51

夏って、ホントにフェードアウトですよね。
ゆらゆら移り変わってゆく。

でも東京は、もう暫らくは暑さが続きますか?
この写真見て、夕立の後アスファルトで蒸発した雨の匂いを思い出しました。なんだか懐かしい感じです(^^)。
soukichiさんのところにコメントさせてもらうの初めてなんで(ココログ)、ちゃんと載るかなあ?
変になってたらすみませーん。

投稿: bigbirdman | 2005年9月 6日 (火) 00:24

うわあ、bigbird さん、コメントありがとうございます。
はい。東京は今日(9/6)も雨だけど蒸し暑いです。
東京は10月の頭くらいまではけっこうなんだかんだ言って日中は暑いかな。
夕立の後の雨の匂い・・・
私も bigbird さんに言われて思い出しました。
確かに懐かしい。あと突然の驟雨。素敵な思い出があります。
毎日ブログをアップしながら思ってたんですけど、夏ってどうしてこうも昔のことを思い出すんでしょうね。
ヘミングウェイの短編集に、『何を見ても何かを思い出す』ってのが
あるんだけど、まさにそんな感じでした。
歳を取って記憶の蓄積が膨大になったこともあると思うけど。

投稿: soukichi | 2005年9月 6日 (火) 10:04

東北南部も雨です。そうきちサンはいつもカメラ持ってるんですね。水脈の写真・・・水の上や中を流れる葉っぱ達・・・思わずシャッターを押したのかな?私はほとんどデジカメもって歩かないから・・・台風の後の空・・・雲の流れ・・・光・・・デジカメ持ってないことを悔やんだりします。
 

投稿: angelseed | 2005年9月 6日 (火) 15:42

angelseed さん、こんにちは!
東京は今日は午後から雨がひどくなるというので、予定をひとつ
キャンセルして家にいたのですが、しとしと程度しか降らず、
一日どんよりしています。
そう、この『colors.』を始めてからはいつもデジカメ持ってますね。
たまに忘れると、そういうときに限っていいネタに出会うんです。
写真を撮ることが非常に日常のことになりました。

投稿: soukichi | 2005年9月 6日 (火) 17:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水脈:

« 我が愛機BOSEウエストボロー | トップページ | 涙の源泉(A Time For Love) »