« 始まったばかりのコスモスの中で | トップページ | 我が愛機BOSEウエストボロー »

2005年9月 3日 (土)

移ろいゆく時のなかで

as_time_goes_by

君は何を想う?

|

« 始まったばかりのコスモスの中で | トップページ | 我が愛機BOSEウエストボロー »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

 コメントありがとうございました。素敵な娘さんですね。
小学生かなって思ったけど・・・中学生のようで・・・
我が家も上が男の子下が女の子です。下の娘は小6です。夏の終わりに反抗期やってきたかな?と感じてます。私の理不尽な娘への言葉に・・・この頃は返すようになり・・・バトルまではいかないかないけど・・・でも冬になる前にはバトルしてるだろうな?女の戦い!!!私の母への反抗期はひどかったから・・・!
 なんだかずーとさかのぼってそうきちさんのブログ見てみました。写真だけじゃなく・・・文も読んじゃいました。面白かったし・・・言葉が使いが巧いなーというか自分のボキャブラリのなさに・・・こうしてコメント書く時もしゃれた言葉も浮かばない無知さに・・・子供のころから文読むの苦手だった・・私に後悔。図書館で本借りてきても・・・読むの遅くて・・・読まないで返してしまう。速読エクササイズなんて買っても・・・三日坊主・・・!こんないい加減で・・・もう人生の半分を過ぎてしまった。こんなでは子供を叱っても・・・
どうかなー?って思います。かっこいいお婆さんになりたいのです。なんかそうきちサンはきっとかっこいいだろうと・・・
まだまだ・・・お姉さんだろうけど・・・カッコーいいと想像してます。またお邪魔します。

投稿: angelseed | 2005年9月 3日 (土) 12:10

コメントありがとうございます。テニス・セラピーとは新しいジャンルですね。 ばか話とばかテニス?で笑って頂いていると思うとうれしいです。季節の変わり目ですから、カゼとかには気をつけてお互いがんばりましょう!余談ですけど、思い出し笑いもほどほどに? 漫友会TK

投稿: tk | 2005年9月 3日 (土) 12:19

angelseed さん

どうもありがとう。
私はいつか彼女の個展に行くのが夢なんです。いつまで絵に夢中かわからないけど。
私もあらためてプロフィール読ませていただきました。
(私と同じ年生まれでした!)
私も実に悩める母親です。母親は子供のことが1番こたえますね。
特に私は姉妹しかいなくて男の子のことはわからないし、うちは父親不在の家庭なので、よけい大変。
でも私は友人だけには恵まれていて(少数精鋭です)、いつも男の視点と女の視点、両方もらえるのでありがたいです。私にとってそれは両方とも必要なもので、それがあったからいままでなんとか自分を
バランスさせてこられたかな、と思います。
言葉については、私にはそれしかないのです。
人って向き不向きがあるでしょ? angelseed さんだって一芸に秀でたものをお持ちじゃないですか。私もあの陶土のおうちが欲しい!
いまの私がカッコイイかどうかはわからないけど、カッコよくありたいとは思いますね。でも、カッコ悪い自分も愛してくれる人がいるなら、
やっぱりそれが1番最高じゃないかなあ・・・

投稿: soukichi | 2005年9月 3日 (土) 15:59

TKさん、サンキュです。
テニスをする人はやっぱり楽天的で陽気じゃないとね。
その点、TKさんは最高じゃないかな。
テニスをしている人は若い! 
私も経済的・時間的余裕があったらやりたいくらいですが、私がテニスをやらない(やれない)理由は、まずそれがないでしょ? それから私のまわりは上手い人ばっかりだから、私が今から始めても彼らとやれるようにはならない、3つ目は紫外線ね、オゾンホールはどんどん拡大してるから。そして4つ目はやると絶対ハマりそうだから、です。
私がテニスをやらないかわりに子供がやってます。今日も下の子は真っ赤な顔して試合から帰って来ました。
「負けたけど、1ゲームはとれたよー」というレベルですが。

投稿: soukichi | 2005年9月 3日 (土) 16:12

昔、”バラが咲いた”という歌が大ヒットしました。すごく素朴でなおかつきれいなメロディーでした。今年のNHK恒例の”思い出の
メロディでこれをヒットさせたマイク真木が出場しました。さすが年齢はそれなりを感じさせましたが歌い方は昔のままでした。涙が出るほどうれしかったです!

投稿: うー | 2005年9月 3日 (土) 20:40

ブログにコメント有難うございましたm(_ _)m
赤いバラ、情熱的ですね。
バラの花、好きです。たくさんのバラの花の花束を
贈られてみたいです^^

投稿: dearcat | 2005年9月 3日 (土) 20:46

うーさん、

素朴でシンプルなものの持つインパクトってありますね。
私にとっても、バラはバラにしてただのバラにあらず、なんです。
単なる道楽でもない。人生の最も最悪な時を一緒に連れ添った
同志なんです。バラと音楽にはずいぶん救われました。

投稿: soukichi | 2005年9月 4日 (日) 00:48

dearcat さん

コメントどうもありがとう。
あなたとここで会えるなんて。元気でよかった。
いつもあなたさまの撮る自然でイノセントそのものの(多分
あなたの分身であろう)猫の写真を見てました。
私は1度だけ真紅のバラの花束を男の人に贈ったことがあります。
クリスマスの時期で高かったけど、人生でたった1度きり、と思った
から、思い切り奮発しちゃいました。
私はもらうなら両手にいっぱいのカスミ草とかのがいいです。
照れずにもらえそうだから。

投稿: soukichi | 2005年9月 4日 (日) 01:01

コメントありがとうございました。
GON

投稿: GON | 2005年9月 4日 (日) 06:24

GONさん、どうもです!

投稿: soukichi | 2005年9月 4日 (日) 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85511/5743772

この記事へのトラックバック一覧です: 移ろいゆく時のなかで:

« 始まったばかりのコスモスの中で | トップページ | 我が愛機BOSEウエストボロー »