2017年5月29日 (月)

ディスコロールセージとレモンゼラニウム

17kotorihanaten_04

昨日は日曜なのにめずらしく朝早く目が覚めて、それでゆっくり深呼吸をしたり、ソルフェジオチューナーを鳴らしたりしようと思ってベランダにでたら、ミニバラとハーブのいくつかが葉ダニにやられてすごいことになっていたから、そこからまた一気に植物の手入れをすることになった。
暑くなったころからアブラムシが出はじめて、上がってきたばかりのばらの小さなつぼみや新芽にたくさんたかっているのを駆除するのがここのところの日課だったけど、アブラムシよりもっとタチが悪いのがこの葉ダニ。
肉眼では虫には見えないザラザラした粉状のものが葉裏にびっしりくっついて、おまけに蜘蛛の糸みたいなものを出す。これがくっつくと植物はあっという間に栄養を吸い取られ葉緑素を抜き取られ、緑の葉っぱが白っぽくなってしまう。
そして葉ダニが付いたら植物全体を水で洗い流すしかない。
昨日は薄めた木酢液に展着剤を混ぜたのを噴霧器に入れて、植物の葉っぱをひとつひとつ洗い流した。まだ付いてないのにも予防散布した。
暑くなると面倒なのがこの病害虫対策で、暑くなるとアブラムシ、ちょっと乾燥すると葉ダニ、雨が降って高温多湿になるとダニやうどんこ病が蔓延する。
けっきょく昨日の朝も作業に追われて数時間が瞬く間に過ぎた。
人間とおなじように、植物も常に青々した緑を保つのは難しい。
そして、午後遅くになってやっと『あんとす草舟号』に行って友達にプレゼントする庭の本を買って、アトリエコナフェさんでお菓子を買ったらそのひとつが蝶ちょの形で、もう夕方で花のない花屋でハーブを買ったら袋に蝶の付箋を付けてくれた。
買ったのは、葉っぱがレモンのいい匂いのするレモンゼラニウムと、初めて見たサルビアディスコロールセージ。
それをさっき鉢に植え替えたのだけど、こんなのです。

17salvia_discolor

枝はうっすら白く産毛に覆われていて葉裏も白、グレイッシュグリーンの大きなガクに包まれた花の色は黒。昨日たったひとつ付いていたつぼみが咲いたら、ほんとに暗紫色というか、黒でした。
セージだから葉っぱはすごくいい匂いがする。
不思議とシックなこのめずらしいハーブは、ペルー原産だそうです。
枯れずに大きくなるといいけれど。
それから、うっかり刻んで料理にかけてしまいそうな、パセリみたいな葉っぱのレモンゼラニウム。
だんだんベランダが、ばらとハーブになりつつある。

17lemon_geranium

わたしの願望は困ったことに植物を常に大きく伸び伸び育てたいということです。
狭いベランダにはスペースに限りがあるのにね。
ほんとに困ったものです。
世間を見渡すと、庭がある人にかぎってそれほど植物に興味がないらしく、庭づくりをしてない家が目立つこと。最近建つ家なんてみんな、どこもかしこもコンクリートで埋め立てちゃって、植物を植えるスペースなんて最初から無いものね。そんな家、わたしはいらない。負け惜しみでもなんでもなく。
狭くてもいいから日当たりがよく、風通しのいい庭のある家に住みたいというのがわたしの夢です。
かなうといいけど。

| | コメント (0)

カフェ・フーガ

17cafe_fuga

相変わらず珈琲を飲むのは1日2杯です。
でもなぜか今月はいつもの土居珈琲さんの豆だけじゃ足りなくなっちゃって、昨日の夕方、近所のカフェ・フーガさんに買いに行った。
買ったのは、いつものコロンビア・スプレモ。
そうしたら1杯おいしい珈琲をごちそうしてくださって、おまけに珈琲のおいしい淹れ方などいろいろ教えてくださって、店主も植物好きなのか、わたしが持ってた紙袋から飛びだしていた枝を見て「変わった植物を持ってますね」といったので、代わりにといっちゃなんだけどさしあげてきた。
グリーンの実の付いたサンキライ。
そしたら店主、匂いを嗅いで「なんだか変わった匂いがする!」って。
「でもこれは好きそうな香りだ」って。
ああ、それ、コトリ花店からきたものは紙袋から何からみーんなあの店特有の精油の香りがするから、たぶんそれだと思います、といいたかったけど、説明するのがめんどくさかったから何もいわずに帰って来た。サンキライ自体はたぶん、何も匂いはしないと思うから、あの店主が次にサンキライの匂いを嗅いだときには逆に不思議に思うかもしれない。あーあ・・・・・・
それで今朝、珈琲をいれようとして豆の入った袋をとりだしたらすごくいい香り!
わたしが土居珈琲さんと遜色なく同じレベルでおいしいと思うのは、カフェ・フーガさんの珈琲豆だけです。価格もほぼおなじ。つまり妥当だってことだと思う。
そんな珈琲豆が近所で買えるってことだけでもすごくラッキーだと思うけど、フーガの店主はお客さんからいわれたそうです。ここの珈琲を飲むようになって、わたしは不幸になった、って。つまり、ほかで飲む珈琲が全然おいしいと思えなくなって、ほかのが飲めなくなったから。
何をしあわせと感じるかは人それぞれだと思うけど、わたしはまったく逆だな。
毎日、自分でいれた最高においしい珈琲を飲みながら心底しあわせを感じてる。
いつか、、、、、、地球環境の悪化がますます進んで、こんなにいい豆がいまよりもっと希少になって手に入らなくなったら、あるいはわたしの経済力がいまより落ちてこんなにいい珈琲を飲めなくなったら、と思うこともあるけど、でもそのときはそのときだなって思う。
最高の珈琲の味は知ってるけど、何がなんでもそれじゃなきゃいけないとは思わない。これよりグレードの低い豆しかなくても、なんとかおいしくいれようって工夫するでしょう。でもそれだってほんとうにおいしい珈琲を知ってなきゃイメージすらできないこと。
そして、いまは最高の珈琲を味わう。
まいにち感謝して。

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

ばらの季節ももう終わり。

17scarborough_fair_01

青空に白い雲もくもく。
爽やかな風が吹きわたる朝。
ばらの5月、最後に咲いたのはスカボロフェアーでした。
イングリッシュローズとは思えないセミダブルの平たい花。
長く伸びた枝の先でふわふわと風に揺れるエアリーなばらは、満開になった途端に散ってしまう一日花。

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

雨、新月の朝

17scarborough_fair

今朝はめずらしく気持ちいいくらい音を立てて雨がザーザー降ってる。
雨は浄化だからたまにはこんな日があってもいい。
雨に濡れて咲くスカボロフェアー。
あおの向こうで咲いているのはマダム・フィガロとセント・セシリア。
今日、双子座の新月。

| | コメント (0)

2017年5月25日 (木)

Bouquet de mai

17bouquet_de_mai

朝摘みたてのフレッシュミントと、グリーンアイスの小さなブーケ。
クールミントのいい香り!

| | コメント (0)

«ピンクのふたつのばら