2017年2月25日 (土)

寒緋桜と河津桜 *

17kanhizakura

このあいだ日の暮れに娘と散歩していたら、春の蒼い夜に遠目にもぼおっと灯るように紅く見えて、いつの間にか桜が咲きはじめていたのに気づいた。
早咲きの寒緋桜と河津桜。
今年は年明け早々2ヶ月つづきでストレスつづきだったから、桜のことなんてすっかり頭から抜けてしまっていた。
誰が見ていなくたって季節が廻れば咲く時を知る花のたしかさ。
それは不安定で不確かな人間とはまるでちがう。

17kanhizakura_01

遊歩道に植えられた何本もの桜のなかで、毎年この2本だけがまだ寒いうちに先頭を切って咲く。遠目にはもうほとんど赤みたいに見える濃い色の寒緋桜。
この樹が満開になるといつも様々な鳥が飛んできて蜜を吸う。
それから、寒緋桜ほど濃くはないけど、ソメイヨシノにくらべたらやっぱりずっとピンクの色が濃い河津桜。
花色が濃いせいでこんな曇天でも背景に沈まずになんとか撮れる。
毎年訪れる、プール帰りのわずかな花見時間。

17kawadsu_zakura

今日は近所の花屋に寄って桃の花を買って帰った。
このあたりでは昔からあるこの花屋の年配の店主が素晴らしくて、彼女はいつもとくべつに穏やかな空気をまとっていて、人と話すとき、お金をうけとるとき、かならず人の目を見てやさしく微笑しながらうけこたえをする。そのものやわらかな雰囲気はほかの人には滅多に感じないもので、それは「こんなふうに年をとれるなら年をとるのも悪くない」とわたしに思わせるようなものだ。
電車の中でよく見かける若くてきれいだけれど仏頂面をしたぞんざいな態度の女と、年はとっても品があって笑顔がやさしい素敵な女となら、わたしなら間違いなく後者のほうがいい。それがグッドエイジングってこと。ヨーロッパではもうとっくにエイジド、といって、年を重ねた女の美しさに注目が高まっているのに、この国はいつまで『若いことが全て』でいくのかしらねえ、まったく幼稚だよ、と息子と話す。
花屋の店主は花を買うといつも一言添えてくれるのだけど、今日は「もし、これからとても乾いたお部屋に入られるのなら、枝についた硬いつぼみに霧吹きをかけてからいけられると、硬いつぼみもふっくらしてきますよ」だった。
そのとおりにしてみたら、紫色に青ざめて縮こまったみたいだった硬いつぼみがふわっとしてきてピンクがのってきた。
素晴らしい。

まだ20代のはじめのころ、「いつか、髪が真っ白になったらピンクを着るの。そのときまでピンクは着ないでとっておく」といったYちゃんは今頃どうしてるかな。

17kawadsu_zakura_01

| | コメント (0)

2017年2月24日 (金)

くころカフェさんの雑穀あんぱん

17cukorocafe

今日はタイミングよく銀行に行った帰りにちょうど寄れたので、久しぶりに『くころカフェ』さんのパン。まだ昼過ぎだっていうのにかなりが売り切れていて、買えたのはこの新作の雑穀あんぱんといつもの厚焼きマフィン。
このところ娘があんぱんにハマっているみたいなんだけど、あんぱんといえば牛乳だよね。ふだんはまったく牛乳を飲まないわたしだけど、でも昔っからあんぱんといえば牛乳。
だってこれ以上あうものってないから。

くころカフェさんの雑穀あんぱんはハード系のもちっとした生地に雑穀が芳ばしく、たっぷり入った手作りあんこも程よい甘さでおいしかったです。こういうハード系のあんぱんって、意外と作ってるとこ少ないんじゃないかな。
いつも書いてるけど、くころカフェの順子さんの作るパンはとっても筋肉質で、発酵したときの生地の弾力がそのままかたちになってて見た目にもとても美しいパン。それはちょっと独特で、彼女がパン教室をやってるうちに作りかたを教えてもらっとくんだった。

そして今日は食後のフルーツもあればスウィーツもある。
こんがり焼けたおいしそうなフィナンシェ。
本日PAYDAYにつき。

17cukorocafe_01

| | コメント (0)

2017.02.24.AM 06:40.Morning sky.

170224sky

日の出がだいぶ早くなってきた。
今朝の日の出は6時18分で、ちょうどわたしが布団からやっと抜けだしたころらしい。
でもベランダにでるとあいにく空は分厚い雲に覆われていて、太陽はどこにも見えない。
見上げると、空の高いところに幾層もの雲が重なりあっていて、微妙にちがう色の雲が
織りなす空が美しかった。
写真は朝6時40分の空。
自分の目で見る空の美しさの半分も撮れてない。
それからアマテラスオオミカミをして、窓を開け放ってひたすら掃除。
26日の日食新月に向けて。

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

鳥は何を?

17hiyodori

最近は早起きするためにできるだけ早く寝るようにしているのだけれど、昨夜はいろいろあって寝たのは2時だった。
朝、目覚ましのアラームが鳴って30分も過ぎてからやっとのことで起き、カーテンをあけてふと見たら、お隣のベランダのフェンスにヒヨドリ。
そおっと足音を偲ばせて近寄ってカメラを構えたけど、いつもなら人の気配ですぐに飛び立ってしまうのに、このヒヨ、何やら前方をじぃっと見つめたまま物思いにでも耽っているかのようにぼおっとしている。
部屋にカメラを置きに行って、それからいつものようにアマテラスオオミカミをして終わってもいなくならない。
今朝は飛蚊症もいちだんとひどくて、頭も重かったからそれからソルフェジオチューナー528を鳴らして身体の調整を試み、ベランダの死にそうなバラにも聞かせ、ヒヨドリにも聞かせてみたら、周波数を察知したのか、それまでじっと前を見ていたヒヨドリがしきりに首を傾げはじめた。
すると前方から仲間が飛来してきて、ヒヨドリは嘴を大きくあけて鋭く2回鳴いた。
いったいその小さな身体のどこにそんな大きな声が隠れていたの、ってくらいに。
わたしが七田眞の右脳開発に興味を持ったのは、右脳がひらかれると猫や犬や鳥や植物の言っていることがわかって、会話できるようになるということだった。
そんなことが日常的にできたらいいだろうな。
そんなことができたらわたしは人と会話するより彼らと話すことを選ぶんじゃないだろうか。ときどき、もうとうぶん誰とも会いたくないし、誰とも口をきかずに黙っていたい、と思うときがある。
いつだって口は災いの元だから。

日の暮れに疲れ果ててコンピュータの前から離れて、宇宙人みたいな歯科医から最近また『1日20分以上ゆっくり歩くこと』というあらたなミッションをもらった娘と散歩に出かけた。ちょっと先にある中央公園までゆっくり歩きはじめたら、ふいにまた風が強くなってきて、またしても春の嵐の様相。
春独特の青い夜空に裸木の細い枝が繊細に揺れてうつくしく、夜の林の中を轟々たる風の音を聞きながら髪をなぶられるままに「ああ、タンゴが聴きたい」と思った。
いつも書いているけど春はタンゴ。
あの鮮烈にして優雅な破壊力。
家に帰ってフェデリコ・ヴァジェホスのソロ・アルバムを聴いた。
ブエノスアイレス午前零時、ミロンガ・アズール、アディオス・ノニーノ、天使のミロンガ・・・・・・
馬鹿みたいに指で机を叩きながら頭を振って。

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

カンパーニュでフレンチトースト

17french_toast

もう大きくなってしまった子供と暮らしているといろいろあって、食事は自分の好きにしたい、という娘の意見で最近、お昼はそれぞれ勝手に食べることにした。
とはいえ、息子は基本なんにもしない人だから、息子と二人きりのときはいままで通りわたしが作る。でも家で仕事をしているとお昼を食べそこねるなんてしょっちゅうで、このあいだも気がついたらもう3時だった。お腹はすっかりすいてるし、体温が下がって手がつめたくなっている。とってもこれから買いものに行って作ってる暇なんかないから、あっちこっちガサガサやって見つけたのは残りもののカンパーニュと、バナナ2本と玉子1個とミルクがちょうど100cc。
ところがそれでフレンチトーストを作ってみたら、これがすごくおいしかった!
近所の天然酵母パン『グレイン』の作るみっちり重たいカンパーニュを厚切りにして作ったフレンチトーストは、弾力があってやわらかくなりすぎず、適度な塩気があるせいでパン自体の芳ばしさが引き立ってとてもおいしい。
そのときは時間がなかったから玉子液に漬けている時間が短くて、パンの端っこの分厚いところまでは液が沁みてなかったりしたけど、ちょっとした発見だった。
厚切りの食パン、硬くなったバゲット、これまでいろいろやってみたけど、カンパーニュで作るフレンチトーストがいちばんおいしいんじゃないかな。これなら数日たって硬くなったカンパーニュでもおいしく食べられる。

というわけで、息子が出勤したあとの今朝の娘とふたりの朝食はカンパーニュのフレンチトースト。
玉子1個にきび砂糖大さじ1を泡立て器でよく混ぜて、そこに牛乳100ccを入れてさらに混ぜ、バニラビーンズエッセンスを少々振った玉子液(というかもうほとんどプリン液)をバットにあけて、そこに厚切りにしたカンパーニュを入れて30分ほど置く。しっかりパンに玉子液が沁みてなくなったころにフライパンにバターひとかけの半分を入れて溶かし、パンを入れて、こんがり焼き色がつくまで焼く。残りのバターを入れて、もう片面も焼く。
バナナを切ってのせておいた皿にきれいに並べて、上から刻んだローストくるみを散らし、メープルシロップをかけて粉砂糖を振る。
今朝のは時間があったのでバージョンアップ版。
ひと手間かけるとまたいちだんとおいしいです。

ちなみにこのフレンチトースト、パンケーキよりAGEが低いそうです。
AGEとは、終末糖化産物糖化、つまり蛋白質と糖が加熱されてできた物質のこと。
AEGは老化を促進する原因物質で、体内で作られるのと、AGEを含んだ食物を食べることの二通りで体内に溜まっていくといわれているのだけれど、パンケーキもフレンチトーストもおなじように小麦粉、玉子、砂糖、牛乳、バターを使ってこんがり焼いて(メイラード反応が起きて)いるのにフレンチトーストのほうがAGEが低いとはどういうことなのか。よくわからない。
AGEを多く含んだもののトップがパンケーキやワッフルで、以下、フライドポテト、ポテトチップス、トンカツ・から揚げ、ベーコン ・・・・・・ とつづく。
みんな好きなものばかりで困るけど、体内でAGEを溜めないためには甘いものや揚げ物はできるだけ食べないようにしてグルテンを減らし、ベジファースト、よく噛む、食べ過ぎ厳禁・腹八分目をこころがけ、毎日適度に歩くなどの運動をする。
なんだか、おいしいものの話から仕事の話みたいになっちゃったけど、いつまでも若く健康で(できるだけ美しく)ありたいなら誰にとっても関係のある話。
AGEについてはこのサイトが詳しく述べています。

| | コメント (0)

«3月のライオン来たる。