2018年1月16日 (火)

春の粒子 **

18hyacinthus01

気候のうえではいまから2月が気温の底で、厳寒の季節といえるけど、でもいまの陽射しにはもう微かに春の粒子が溶けていて、暦のうえでは春、というのが頷けたりする。
冬のはじまりにヒナタノオトさんで買った、ピンクのヒヤシンスがひらきはじめた。
緑のつぼみがだんだん色づいていって淡いコーラルになってピンクになる。
ひんやりした、ちょっと寒いようなピンク。
淡いピンクと白と緑って、もうなんともいえない春のいろ。

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

わたしのブラジル*

18meu_corao_brasil

昨日、布団の中で目が覚めた瞬間、なぜかこの雑誌のことが頭にあった。
せっかく手に入れたのにひらく間もないまましまったままになっていた、2014年の夏発行の『トランジット』のブラジル特集。永久保存版!
手に入れたとき、すでにバックナンバーだった。
それで今朝、押し入れをガサガサやって探し出した。

雑誌を買うってことも、ほんとになくなりました。
だいいち、のんびり雑誌を眺めてるような時間が全然ない。
逆に昔はどうしてあんなに時間があったんだろう、って思う。
同時に、最近は喫茶店で雑誌を眺めているような人もあんまり見かけなくなりました。まあ、たいていはスマフォを見てる。十中八九。
でも、やっぱりわたしはいまでも紙媒体が好きです。
今日もこれをゆっくり眺めてる暇はないのだけれど、でもこれのための時間をつくりたいな。誰にも邪魔されずにゆっくり好きな雑誌を眺める時間。
おいしい珈琲でも飲みながら。

ソーサーに置いたお菓子は昨日の『ボサノヴァの詩を読む講座』で、最近またブラジルに行ってらしたという方からいただいたお菓子。
おいしかったです。
ブラジルのお菓子って意外とおいしい。
って、ちょっと発見。
憧れのブラジル。

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

DOMINGO

18domingo

去年の12月といい今月といい、どうして同じ日に予定がいくつも重なっちゃうのかな。今日は直さんと翠さんのライヴ、それに『ボサノヴァの詩を読む講座』がブッキングしてた。それで今日に関しては当然のごとく翠さんのライヴに行くことを予定していたのだけれど、昨日カフェイリブロスから今月のテーマが送られてきて、それを見た瞬間、心が躍った。
なんと今月のテーマは、カエターノ・ヴェローソの『ドミンゴ』。
送られてきた楽譜は『コラソン・バガボンド』。
(いつも翠さんの歌で聴いてるコラソン・バガボンド!)
講師はなんといっても日本で最も美しくポルトガル語を日本語に訳すといわれる福嶋伸洋先生。となったら、もう行かないって手はないでしょう。
即決してしまいました。(ごめんよ、翠ちゃん。)

でも何に限らず、即決してしまうときって正しいんだと思います。
それこそ宇宙タイミング。
今年も心のままに動きたいです。
気をつかわずに愛をつかって。

さて、このドミンゴ。
講座では隣の方にうっかりうろ覚えで間違って教えてしまったけど、1967年、カエターノ・ヴェローソ25歳、ガル・コスタ22歳のときのアルバムで、ふたりにとっては初のLPアルバム。時代的にはブラジルに軍事政権が敷かれて3年、ビートルズが『サージェント・ペパーズ・・・』をリリースする半年ほど前のことだそうです。
ブラジル音楽って国内盤が出てないものも多いのだけど、これはライナーも訳詩も付いていて、このライナー・ノーツがまたとってもいいんです。すごくエッジの効いた文章。これを読むだけで1967年がボサノヴァにとってどういう年だったかがわかる。カエターノのデビューアルバムにしてボサノヴァ最期の時代。

そして今日、講座に行って先生のアナライズを聞きながら歌詞を追っていて驚いたのは、4回めにしてはじめてのときよりも活字(言葉)が音に変換されるようになってきたこと。べつだん、家で勉強したわけでもないのにね。
だから音楽で語学を学ぶのってやっぱりいいんだと思います。とっかかりとしては。
あらためてひとつづつ言葉を追って読み解いていったカエタノの歌世界は、音楽そのものから受ける印象よりずっと憂鬱で、ある意味いまの気分にぴったりで、なんだかすごくしみじみした。
講座のなかで先生の弾くギターで『コラソン・バガボンド』と『アヴァランダード』をみんなで歌って、最後に先生が「家でも練習してみてください」とおっしゃってたけど、『コラソン・バガボンド』は練習してみようかな。さんざん聴いてメロはほぼ完ぺきに頭に入ってるし、そのうち鼻歌くらいだったらポルトガル語で歌えるようになるかもしれない。

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

イスラエルスープを作る

18israel_soup

このあいだイスラエル・ベジタブルスープを食べてるときに息子が「これしばらくつづけられないかな」といった。「つづけるって、どれくらい?」と訊くと、「1回作ったらどれくらいもつ?」と訊き返すから、「朝だけだったら4日くらいかな」といった。
息子は安倍総理のおかげで認知度が上がった潰瘍性大腸炎を患っていて、いまは寛解状態で申請こそしていないもののやはりふつうの人よりは免疫力が低くて、お腹を壊しやすかったり皮膚に湿疹が出やすかったり、夏に蚊に刺された痕がとんでもなく化膿してしまったりと、注意が必要だ。とくに食べものは大事で、いまみたいにわたしが食べもののことを考えるようになったのもこの息子のせい、というか、おかげだといえる。
このあいだの朝にそんな会話があって、しばらくひと月に1週間程度このイスラエルスープをつづけてみようかということになった。
それで、作るついでに自分の覚え書き程度に作りかたをアップしておこうと思う。
写真は夜のキッチン。
昨日そら屋さんで買ってきた2袋(1袋は120グラム)の乾燥ひよこ豆をザルにあけてざっと洗って鍋に入れ、水に浸して一晩。
それを今朝2時間以上かけて煮たもの。
ここに、ひたすら刻んだ野菜を投入していきます。
まずは大根。

18israel_soup01

輪切りにしてから、さらにこまかく細切りにして鍋に投入。
次はにんじん。
これは自然食品屋さんで買った無農薬のにんじんだから、よく洗って皮つきのまま細切りにします。

18israel_soup02

このあいだはサツマイモを入れたけど、今回はカボチャを入れることにした。
これも、そら屋さんで買った。変わったカボチャ。
すくなカボチャ。(多くても、少なカボチャ。なんちて。)
きっとラグビーボールみたいな形をしているんでしょう。

18israel_soup03

ほくほくしてないから蒸したり煮物にしたりは向いてないけど、コクがあって味が良くて粉質だから、お菓子の材料にしたりスープにするには向いてるとのこと。

18israel_soup04

最後にキャベツ。
ムラキテルミさんはこれに玉ねぎとセロリも入れてると書いてらした。
同居していた高齢のお母さんと叔母さんの認知症をくいとめるために毎日このスープの野菜を刻んでいて終ってしまったとあった。もう2年前のこと。
テルミさんいわく、『ボケ封じスープ』だそうです。
朝晩、大きなスープ皿に1~2杯飲んでいたら徐々に効いてきたんですって。
うちの父にも作って持ってきたいけど、あのひと難しいからなあ・・・・・・

18israel_soup05

刻んだ野菜を大きなお鍋にぜんぶ入れ終って水を足したところです。
まあ、とにかく野菜の多いこと!
これがとろとろになって野菜が半溶けになるまで、あくをすくいながら弱火で2時間くらい煮込みます。

18israel_soup06

野菜がとろとろになったら、多めのターメリックと少なめのクミンを入れ、塩(わたしはいつもこれです。ヒマラヤブレンドソルト)で味付けます。

18israel_soup07

塩はいきなりたくさん入れるんじゃなくて、味見をしながら少しづつ入れてゆき、決まった! と思うところでストップするのがいいと思います。

18israel_soup08

ターメリック、クミン、塩を入れ終ったところ。(このとき夜中の12時。)
塩加減はちょっと薄いかなあ~、くらいのところでストップして一晩おきます。
あ、そうそう、ここでわたしは玄米元氣をちょこっと入れました。
発酵系なので鍋の中で味が調和してマイルドになっておいしい。
いまでは玄米元氣は我が家ではなくてはならない調味料です。
で、今朝。
もういちど味をみて、塩をすこし足してできあがりました!

18israel_soup09

作ったのは今回で3回め。
このイスラエルのベジタブルスープを食べるたびに、これって野菜のおかゆみたいだなと思います。
実は前回作ったときは豆の消費期限がちょっと過ぎていて、乾燥豆だから大して問題ないかと思ったのだけど、煮てるときの匂いがなんだかいつもと違う。ちょっと癖があるというような。それで今回買ってきたばかりのひよこ豆を使ったらやっぱり煮てるときの匂いが全然ちがったから、やっぱり乾燥豆といっても消費期限は大事なんだなあ、と思ったしだいです。
できあがったスープはこのあいだより豆がとってもやわらかい。
ひよこ豆って、イスラエルの人たちにとってはまるで日本人にとっての大豆みたいなものなのかな、と思う。サラダにもスープにもコロッケにも使われている。
このあいだはうっかり疲れて最後の最後のところでターメリックがドバっと入ってしまって、ちょっと苦くなってしまったのだけれど、今回は最後まで気を抜かずに作ったのでとってもおいしくできました。
息子は今朝はこのスープだけ食べて行った。
ベジタリアンはもちろん、お正月にご馳走三昧で胃が疲れている人や肝機能が落ちている人、軽いファスティングにもおすすめ野菜スープです。

18israel_soup10

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

りんごくるみにんじんサラダ

17ringokurumininjin_salad

長谷川さんの青森サンふじを1箱食べきってからはときどきスーパー・マーケットでりんごを買う。あんまりおいしくないけど。
今日は自然食品のそら屋さんで買った長野県産のりんごとにんじんでつくったサラダ。冬のあいだは朝はとにかくりんごとくるみとみんじんばかり食べるから、もう一箱、青森サンふじの貯蔵りんごを買うかなあ・・・・・・
数日前から朝食にコップ1杯のトマトジュースを飲むことにした。
しばらくつづけてどのていど効果があるか自分の身体で実験する。
ペットボトルには『血中コレステロールが気になる方に』とあったけど、わたしがトマトジュースを飲むのは積極的にリコピンを摂りたいからです。
くるみを常食するのは単純に好きというのと、オメガ3を摂りたいから。
ちなみにトマトジュースはコラーゲン入りです。
日々グッドエイジングのために。

| | コメント (0)

«ドリームボード