2016年12月 1日 (木)

シュトレンの季節

16stollen

このあいだ、クリスマスを待ち遠しく思う気持ちはそんなにない、と書いたばかりだけど、そんなわたしにもアドベントシーズンがやってきた。
神戸在住、わたしの唯一の同僚が送ってくれた、フロインドリーブのシュトレン。
わたしはあんまりお菓子のことには詳しくないけど、『シュトレンといったらフロインドリーブ』というくらい神戸では有名な老舗の洋菓子屋さんなのだそうです。
実はこれ、先に食べた彼女が「まだちょっと早いから、もうちょっと寝かせて熟成させたほうがいい」というので、包みもとかずに置いておいたのです。
それで今朝、彼女から「今日から12月だからシュトレン、スタートですよ!」といわれたので、さっそく封を切ることにしました。

16stollen_01

シュトレンといったら、その形状が連想させるのはおくるみにくるまった赤子のキリスト。雪の積もった薪。まっしろな雪のような粉砂糖がまぶされた、その独特の姿。
フロインドリーブのシュトレンは、スパイスが効いたヨーロッパのクリスマスの匂いがぷんぷんするような癖のある味じゃなくて、濃厚なバターの風味と洋酒やナッツやドライフルーツの味が調和した、しっとりしたケーキのような味。爽やかなオレンジピールの味がアクセントになっていて、たぶん誰にでも食べやすいシュトレンです。
今年もとってもおいしかった。(娘なんか3ピースも食べた!)

シュトレンというと、むかし母がホテルオークラで働いていたときによく話していた、ドライフルーツにナポレオンを一瓶あけて作った、1日に何本も作れないというフルーツケーキのことを思いだします。わたしはあれが苦手だった。ドイツで暮らしたこともあるという、ドイツ語の先生にはすごく喜ばれたけど・・・・・・
それから店に飾った大きなクリスマスツリーに、ドライフラワーとスパイスが詰まったサシェをリボンで結びながら「ああ、いい匂い・・・。クリスマスの匂い」といった女社長のことなんかを。(わたしには匂いがキツすぎてそれは臭いだけだったのだけど。)
そしてさらに思いだすのは今年読んだカポーティーの短編集『誕生日の子どもたち』の中にあった『クリスマスの思い出』という小説のこと。
アメリカの田舎町に暮らす六十を越したおばあちゃん(なんたって1950年代のことだから)と七歳の少年が苦労して貯めたなけなしのお金ぜんぶ遣って、これまた苦労して手に入れた材料でたくさんのフルーツケーキを焼いてみんなに贈るまでと、その後のいろいろなことを書いたお話なんだけど、書きだしはこんなふうだ。
ちょっと長いけど書きだしてみる。

 十一月も末に近い朝を想像してほしい。今から二十年以上も昔、冬の到来を告げる朝だ。田舎町にある広と々した古い家の台所を思い浮かべてもらいたい。黒々とした大きな料理用ストーブがその中央に鎮座している。大きな丸テーブルがあり、暖炉の前には、揺り椅子がふたつ並んでいる。暖炉はまさに今日から、この季節お馴染みの轟音を轟かせ始めた。
 白い髪を短く刈り込んだ女が、台所の窓の前に立っている。テニス・シューズを履き、夏物のキャラコの服の上に、不格好なグレイのセーターを着ている。小柄で元気いっぱいで、まるで雌のチャボみたいだ。でも気の毒に、若い頃に長患いをしたせいで、背中がこぶのように曲がってしまっている。顔立ちは人目を引く。リンカーンに似ていると言えなくもない。ああいう具合にきゅっと頬がそげているのだ。その肌は太陽と風に焼かれて染まっている。でもそこには繊細さがうかがえる。骨の張り方にも無骨なところはない。瞳はシェリー酒色で、いかにも内気そう。
「ほら!」と彼女は叫ぶ。その息は窓を曇らせる。「フルーツケーキの季節が来たよ!」

それで年は六十を越しているけど子供みたいな女と、彼女とはおばあちゃんと孫みたいに歳は離れてるけど唯一無二の親友でもある七歳の少年バディーにとって、文字通り胸躍るクリスマス・タイムがはじまるわけだけど、とっても素敵な書きだし。訳は村上春樹。
こんな幼少期をすごせば誰だってクリスマス・タイムは格別に待ち遠しいものとなるだろうなって思う。
ああ、そんな意味で、この時期にトルーマン・カポーティーの『誕生日の子どもたち』を読むのはおすすめですね。
カポーティーの書くものはまさしく蜜と毒だからハマる人はしばらく頭を占領されるかもしれないけれど(そして全部読んだら落ちる部分もあるかもしれないけれど)、クリスマス・タイムに食べるフルーツケーキの味がいつも以上に深くなることは間違いなし!

| | コメント (0)

2016年11月30日 (水)

わたしの好きなもの

16my_favorite_things

いつも持ってるロルバーンのノートと、ぺんてるペン。
射手座の新月の願いごとを書いた。

16my_favorite_things_02

それから今年も青森から届いたりんごの王さま、長谷川敏勝さんのりんご!
これから毎日たべる。

そして、わたしがこんなにラナンキュラスを好きになったのはコトリ花店の店主に出会ってからだ。とくに、このまんなかの緑の芯がムクムク伸びてくる野菜みたいなとぼけたやつ。
大好き。
新月の気のあるうちに植えよう。

16my_favorite_things_01

11月最後の今日も朝からよく晴れた。
今日から渡邉知樹さんの個展がはじまる。

16tomoki_watanabe_exhibition_01

My Favorite Thingsを口笛で吹きながら。
もちろん、あたまに流れているのはあのひとの声。

| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

りんごのガレット**

16galette_de_pomme

朝のパンを買い忘れちゃって、朝ごはん(といってもブランチだけど)にりんごのガレットを焼きました。
りんごのフィリングを作って市販のパイシートに包んで焼いただけの型いらずの簡単なガレット。
でも、やってみて思いだしたけど、わたしはりんごをパイ生地にきれいに並べるのがどうも苦手なんでした。
レシピを見ると大体りんごの量が多すぎるんじゃないかと毎回、思う。
それに今回は前作ったのとちがうレシピで作ったのだけれど、やっぱりガレットの場合はりんごをもっと薄切りにしたほうがよろしい。
これはいちどちゃんとお教室に行って習った友達にでも教えてもらうしかないかな。
でも見た目はともあれ、焼きたてはおいしかったです。
りんごのガレットには珈琲より紅茶のほうがあうから、今朝はめずらしくカフェインレスのアールグレーで。
滅多に出てこないティーカップ&ソーサーなど出して。

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

アドベントシーズンのはじまり ☆

16saison_de_gui

アドベントシーズンがはじまるので今年も宿り木を仕入れて来たと花屋がいうので、今日も寒かったけど夕方暗くなる前に自転車でターッと走って見せてもらってきました。
去年のも大きかったけど、今年のはもっと大きい!
花屋の車には乗り切らずに市場の人に届けてもらったって、ついさっき届いたばかりだっていうのでラッキーでした。

16saison_de_gui_01

枝の途中と先っぽで巣のようにまるくなった宿り木には小さなキャンディーみたいなオレンジ色の実がいっぱい。
これからこの枝が少しづつ切り取られてクリスマスのリースやスワッグやブーケに添えられ、コトリ花店を訪れたたくさんのひとたちの家に届くのです。
そして宿り木が丸坊主になるころには今年も残りわずか、本格的な冬のはじまりです。

16saison_de_gui_02

いつも花屋に宿り木が到着するころはもうすっかり大気がつめたくて、凛とした冬の青空の下で夏のころとはちがって妙に元気な花屋がいます。コトリ花店の店主はまるで冬になると元気になる雪うさぎのようです。
今日も寒いのにどこもかしこもあけっぱなしでアレンジメントをせっせと作ってるところでした。わたしは寒いところにずっといるのは苦手だから、花屋にはなれない。
熱い珈琲が飲みたくて、でも近くにはマクドナルドしかなくて、マックで買った珈琲と熱々のアップルパイをふたりで食べました。これもいつものこと。

16saison_de_gui_03

アドベントシーズンのはじまりといっても(素敵なクリスマスプレゼントでも買って待っててくれる人でもいたら別かもしれないけれど)、わたしにはクリスマスを待ち遠しく思うような気持ちは実はもうそんなになくて、これから年末に向けてはひたすら断捨離と掃除の季節です。自分の中や自分を取り巻く環境からもできるだけ不要なものを手放して、できるだけすっきり身軽になって新しい年を迎えたい、という、ただそれだけ。
でも、そういっちゃうと身も蓋もないから、ロマンチストとしては気持ちのどこかに”もしかして・・・?”なんてことを思うわずかな隙間もどこかに残しておくべきかな??
メグ・ライアンの映画みたいなことはそうそうないとしても。
ここ数年、わたしはなんだかクリスマスはいつも翠ちゃんと一緒です。
今年は上町63でライブ!
年末、こころおきなくライブに出かけるためにも、いまからきちんと掃除しておかなくっちゃ!

宿り木、今日入ったのはオレンジ色だったけど、来週月曜日にはハチミツ色のが入るそうです。それも楽しみ。
そして、わたしにとっては今季初のラナンキュラス。
ハート形の葉っぱのポポラスとピンクのラナンキュラス。
なんてかわいらしい・・・・・・!

16ranunculus_01

| | コメント (0)

小豆を煮る香り

16zenzai

朝から小豆を煮るいい匂いがするのもこれで3回めです。
お正月までに1キロ入った切り餅の袋を3つくらいは食べてしまう。
でも、お正月はお正月で元旦にしか作らないお雑煮を作って食べる。
きな粉餅を食べる磯部巻を食べる。
要は子どものころから大のお餅好きなのです。
昔はお餅はハレの日の食べものだった。
だからかどうだか、お餅はいまでも金運食とか開運食とかいわれる。
お餅の入ったうどんは力うどんという。
お餅は日本のパワーフード。
それでわたしはなんとなくツイてないときや元気のないときも食べる。
甘いものに必須なのはさっぱりしたお漬けもの。
今日は京都のゆずかぶら。
京都のお漬けものってどうしてこんなにおいしいんだろう?
わたしがそういったら京都生まれの友人は、水がきれいでおいしいから、っていいました。ほんとにそれだけなんだろうか?
長い人生でたった3ヶ月でいいからパリで暮らしてみたい、というのとおなじくらい、たった1年でいいから京都で暮らしてみたい、というのは昔からわたしの夢というか、憧れです。
なぜ京都が1年かといったら、京都の四季を見てみたい。

もうかれこれ6年以上も前になるだろうか。
仕事で大阪に行った帰りに寄った京都は、街も人も東京より賑やかで明るかった。
東京にあるのとおなじショップでも、東京よりずっとお洒落で見せ方にセンスがあって新鮮だった。
かの友人いわく、京都人は東京人より新し物好きだから、京都でウケたものは東京でも売れって昔からいわれているそうです。人から聞く京都人の性格を考えたら自分とはおよそ合いそうもないし、また東京っ子のわたしなんか仲間にも入れてくれないだろうから、全てはきっと幻想なのだと思うけど・・・・・・

今日も寒かった。
思うに雪が降ってるときよりも翌日のほうが寒い気がします。
11月もあと5日。

| | コメント (0)

«初雪・・・。